緊急事態宣言が発令され、いつも人で溢れる渋谷の風景が一変。渋谷のスクランブル交差点から人が消えました。そんな中、KDDI株式会社、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会を主幹事とする「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」が、Netflixオリジナルアニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』とコラボして『攻殻機動隊 SAC_2045』 × au 5G UNLIMITED REALITYをローンチ。

もともとは、「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」は、日本での5Gサービス開始、攻殻機動隊シリーズ新作の公開タイミングに合わせ、「コンテンツ」×「街」×「5G時代のテクノロジー」が融合した、新しい都市型エンターテインメント施策を予定していました。しかし、緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出を控えるよう求められるようになったことを受け、目玉としていたXR技術を駆使して現実の渋谷の風景に『攻殻機動隊 SAC_2045』の世界を合成するデジタル体験や、街と連動した様々なコンテンツを断念。全てのコンテンツを、渋谷に行くことができなくても、日本を超え、世界中から、家で遊べるようにオンラインバージョンに切り替えました。

新しく用意された4つのオンラインコンテンツは、#家にいる時間をもっと楽しくする コンテンツとして提供されています。その一つ、「UNLIMITED REALITY – 渋谷複合現実化ミッション」では、スマートホンを使って、渋谷の街で素子やバトーが犯人と戦うオリジナルストーリーを360°VRで体感できます。コンテンツはオンライン化しましたが、渋谷全体をアドジャックするプランは予定通り実施されています。普段は人で溢れる渋谷のスクランブル交差点に人の姿はなく、そこにはサイバーパンクな『攻殻機動隊 SAC_2045』の広告が広がっています。

キャンペーンの詳細はこちらへ。
https://kokaku.shibuya5g.org/index.html
Twitter (@shibuya5g) | Instagram (@shibuya5g) | YouTube

UNLIMITED REALITY – 渋谷複合現実化ミッション ケースフィルム

media interview

Comments are closed

最近の投稿